【芳醇で濃厚な希少品種】バートン・ヴィンヤーズ メタル デュリフ

更新日:2021年6月15日




濃厚なアロマ…カシスやブラックベリーを感じさせてくれます。

色合いもまた深く、実に芯の強そうな印象を受けます。


そしていざ口にしてみると、口当たり穏やかで非常に親しみやすい飲み口に驚かされます。


…かと言って軽く、線の細いワインかというと、断じてそんなことはありません。


余韻へと向かうにつれて徐々に広がってゆく、なめらかなタンニン(渋み)。


果実味がとても豊かで「濃厚な赤といえば渋くて苦い」という


固定観念を解き放ってくれるのではないでしょうか。



樽から抽出されているのであろう、まろやかで濃厚な飲み口と


ブドウ本来の、果皮より抽出される渋みの絶妙なバランス。



フィニッシュには、ミントやローズマリーを思わせる爽やかなハーブ香も残り、


その残り香がワインを実に綺麗にまとめ上げてくれています。



濃厚なのにくどすぎず、次の一杯に手が伸びる、希少品種「デュリフ」100%のオーストラリアワインです。




閲覧数:5回0件のコメント