【"太陽の鍵"と名付けられたワイン】クラーヴェ・デル・ソル シャルドネ スペイン

更新日:2021年6月15日


ぼくの妻も「いい香りだね」と言ってくれるスペインのシャルドネ。


レモン…というよりレモングラス。加えて、蜜をたっぷり含んだ白いお花…百合のようなアロマ。


口当たりのバランスも良く、みずみずしさとフルーティーさの丁度いいところをついてくるなぁ…というたまらない味わい。


お料理と非常に合わせやすそうなのですが、中でもピザなど良いんじゃないかなと個人的には思います。


それもちょっとパイ生地というか…ミルフィーユ生地のミートパイみたいなものとマッチする感じがあります。


あと限定的なのですが、キノコをオリーブオイルと塩で新シンプルにソテーしたものと非常によく合いました。




余韻にはオレンジを思わせる甘みとビターさがゆったりと残ります。


エチケットとキャップシールに刻まれた鍵盤と五線譜のイメージ通り


ピアノがポロポロと音を残してくれるような…


おしゃれなエチケットも、ワインの良さのひとつですね。


このボトルがテーブルを飾ることを考えると、とてもうきうきします。




閲覧数:5回0件のコメント