【魅惑のダブルフェイス】シャルドネ・ディ・ソウマ 2019 オーストラリア / ヴィクトリア ヤラ・ヴァレー

更新日:2021年10月15日



ニューワールド。

オーストラリアのシャルドネというのであれば、さぞや樽が効いて濃厚で…

かな、と思ってしまいそうになりますが、抜栓してみると、その複雑さを伴った繊細な香りと味わいに驚かされます。


水晶を舐めたような、ややミネラリックで硬度を感じる佇まい。

そこに加わるのは白い花を思わせるフローラルな香り。


やや瑞々さも伴い、露に濡れた岸壁に咲く一輪の花を思わせます。


酸は穏やかで、余韻もさらりとした雰囲気…



ですが!

面白いのが!

抜栓して30分もすると!

その表情がガラリと変わるところ!!!!


アロマはヴァニラを伴うミルキーでまろやかな香りに。


口当たりにみずみずしさを残しつつも、じわりと広がるビターさはオレンジの皮のよう。


余韻に広がる酸味も、さっきまでは存在しなかったはずなのに…。。


千変万化が「純白の品種」たるシャルドネの個性ですが、


抜栓後、こうも魔法のように変わってゆくものなのか。



ちなみにそのまろやかさは「樽」ゆえに。

爽やかさは「冷涼な気候」に由来するところが大きいようです。


ニューワールドながら(とかいうと語弊はありそうですが)品のある空気感。


柔らかな色気を持つセクシーな猫のような。

あるいは

上品な繊細さのある有能な秘書のような。


危うげな二面性に虜にされてしまいそう。


「この"1本"の中で、どちらの表情が好きですか?」


…なんていう不思議な質問もできそうな、魅惑の白ワインです。



ワイナリー名:ソウマ

ワイン名:シャルドネ・ディ・ソウマ

年号:2019

原産地/地方/地区/村:オーストラリア / ヴィクトリア ヤラ・ヴァレー

品質分類・原産地呼称:ヤラ・ヴァレーG.I.

種類:スティルワイン

色:白

味わい:辛口

ぶどう品種:シャルドネ 100%

アルコール度:13.00%

醗酵:フレンチオーク樽醗酵(MLF5%以下)

熟成:フレンチオーク樽 7カ月(新樽比率 5%)

ビオ農法:リュット・レゾネ

閲覧数:9回0件のコメント