【評論家一押しの造り手による、コスパ抜群フルボディ】バートン・ヴィンヤーズ メタル カベルネ・ソーヴィニヨン

更新日:2021年6月15日


香りにはハーブ、青みがかったハッカのようなニュアンスがみてとれます。


ふわりと香るアルコール感もあり、濃厚さを予感させてくれます。



青さとアルコール感から「ニューワールドのカベルネらしい雰囲気だな」と感じます。


(※ニューワールド:ワイン生産の歴史が新しい生産国。「新世界」とも呼ばれます。

アメリカ、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、アルゼンチン、南アフリカ、カナダ、そして日本など。)


いざ飲んでみると、口当たりは「一気に開花する果実感」という雰囲気。


ベリー、プラム、チェリー、カシスなどなど…そこから徐々に余韻へと向かうにつれ


果実系の酸味により感じる収れん性(口の中をぎゅっと絞られるような渋み)…。


「重い」というより「強い」という表現がしっくりくるような


存在感あるカベルネ・ソーヴィニョンですね。


樽に頼らず、オーストラリアの気候本来の凝縮感あるカベルネ・ソーヴィニョンの生み出すフルボディ。


ステーキなど、しっかりしたお肉料理でいただきたいですね。




閲覧数:12回0件のコメント