【インディゴ(紺碧)とルージュ(紅)の共演】プレモン エコー・インディゴ・ルージュ フランス 南西地方-シュド・ウエスト-

更新日:2021年6月15日


ブドウのシロップづけを思わせる、大人のスイーツと表現したくなるアロマ。


かといってベタ甘ではなく、上品な砂糖菓子の佇まいです。



口当たりはといえば、柔らかくて飲みやすく、ほんのりとした甘みが非常にキュート。


それでいてゆったりと後味に残る、洗練された渋み。


おそらく甘やかなニュアンスを「メルロー」が


味わいの後半に向かうにつれ感じられる渋みを「タナ」が


それぞれ演出してくれているのかな、と思います。



この、甘すぎない果実感。


かろやかなデザートワインとして召し上がったり、


アペリティフとして楽しんでみたり…。



もちろんメインのお肉料理なんかともいいかなと思いますし、


1本あれば非常にいろいろなシチュエーションで活躍してくれそうに思えます。




閲覧数:6回0件のコメント